ワキガの手術を受けることにした理由

3月 22nd, 2015

私はワキガにずっと悩まされてきました。ワキガは特に臭いがするため、どうしても周りの人に不快感を与えてしまいます。

実際、露骨に顔を背けられたこともあります。臭いが原因であることは分かっているので、制汗スプレーなどは常に持ち歩いて臭いには気を遣っていました。でもそれらはほんの気休めでしかないのです。と言うのも、ロッカーで同僚が話しているのを偶然耳にしてしまったのです。

スプレーのにおいとワキガの臭いが混ざって余計不快だということを。これにはさすがにショックを受けました。

でもやはり営業の仕事をしている手前、人と接する機会が多いので思い切って手術を受けることにしました。これまでも手術を考えなかったわけではないのですが、手術後1週間は自由に腕を動かすことができないため、ためらっていました。結局、夏休みと有給休暇を使って手術をしましたが手術後は臭いもなくなりました。手術をして本当に良かったと思っています。

ワキガの疑いがある際に気をつけたいこと

3月 22nd, 2015

運動をした後や極度に緊張した際など、多量の汗をかいた際に異臭を感じたことがないでしょうか。

多少の汗臭さといったものは、程度の差はあれ誰しもにあてはまるものですが、中にはいわゆるワキガと呼ばれる独特の臭いを発してしまう方が少なからずいます。これは個人差があるものであり、ワキガが症状が全くない方もいれば、周囲に多少の臭いを感じさせてしまう方もいます。中には十数メートル離れた位置からでも確認できるほどの臭いを発してしまうケースもあります。

またさらに、その臭いを発している個人が、個人の臭いに気がつきにくいのもこのワキガの特徴のひとつであるため、実際はワキガにあてはまらないにもかかわらず、自己判断で症状が出ていると判断して、自己不振の様な状態に陥ってしまう方も少なからず見かけることができるものとなってます。

私もこの自己判断によって悩みを抱えてしまったことがありますが、形成外科の専門医の診断を受けることで、その疑いをはらすことができました。疑いを持った際には、症状のあるなしにかかわらず専門家の診断を仰ぐのはオススメの行動です。

ワキガの診断チェック

3月 22nd, 2015

私の彼は今、ワキガ治療を行うためにクリニック選びを行っています。

彼と付き合うようになって、ワキの臭いやワキ汗が気になり、彼に相談した結果、ワキガの心配をするようになったので、専門クリニックが掲載してくれている便利なセルフチェックシートをダウンロードし、ワキガであるかチェックしてみることにしました。

その結果、ワキガであることが高いと判明し、クリニックで治療を行う方向で現在、情報収集に努めています。セルフチェックの項目で該当したのが、耳の中の湿り気です。通常、耳の中には汗をかく汗腺がなく、湿っている場合にはアポクリン腺の働きが関係しているようで、彼の耳垢は常に湿っています。さらに洋服には汗ジミや黄ばみが付着することもチェックが付いた項目で、肉食であることや遺伝でも該当していました。

一番私自身が気になったのがやはり臭いで、バスや電車などに乗っていても、周りから臭いが気付かれることもあるほどの臭いだったことからワキガであることが高いと判明し、早めに治療を行いたいと考えています。

ワキガ対策におすすめのアイテム

3月 22nd, 2015

友人から指摘されたことをきっかけに自分がワキガ体質であるということを知りました。

自分では気がつかなかったのでかなりのショックです。なんとかしなくてはと思い、様々なワキガ対策グッズを購入することにしました。

まずはニオイの元となる汗や細菌を取り除くために殺菌効果のあるという美容石鹸を試してみることにしました。使った直後は確かにサラサラでニオイも全くなくなります。ただし、これを持続させるために制汗スプレーを常に持ち歩く必要がありそうです。しかし、忙しい時などは頻繁に制汗スプレーを使用することが難しくなります。どうすればこの問題を解決できるかと色々なグッズを探していた所、脱臭下着というものがあることを知りました。これを着用している間は、ニオイの発生が抑えられるので、外出時に重宝するのだそうです。

早速私も購入して使ってみたのですが、ニオイが全くしなくなって快適でした。価格が少し高いですが、それだけの価値があるグッズだと思いました。

ワキガの治療を受けた経験について

3月 22nd, 2015

私は体質的にワキガの症状がひどくて精神的に悩まされていました。

脇を常に清潔に保とうと腋毛は全部そり落とし、一日に何度もアルコールで拭いたり制汗剤を使ったりして対策を立てていましたが、それはやはり一時的なその場しのぎでしかなく、しばらくするとまたあの嫌なニオイがしてくるのです。

このままだと生活しにくいので、思い切って皮膚科で根治的な治療をしてもらうことにしました。 完全に治したいのであればと勧められたのが、剪除法と呼ばれる外科手術です。

これは、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を除去していくという治療法で効果は絶大なのだそうです。脇の下の皮膚を少しだけ切開してそこから目視で手術が行われます。切開はシワに合わせて行われるので手術痕も目立たないとのこと。早速手術を行ってもらったのですが、思っていたよりもずっと短い時間で済んだので助かりました。治療費も保険適用で安く済みました。何よりあの嫌なワキガのニオイが完全に消えたのが嬉しくて、もっと早く受けておけば良かったと思った程です。

http://www.biyou-hifuka-navi.com/01_wakiga/wakiga_kaisetu.htm

ワキガのために怒られて困った話

3月 22nd, 2015

ワキガというものは、なった人には分かりますが、とても臭くて気になって仕方がないものです。

たとえば、知り合いにA君という人がいました。彼は、ワキガが臭かったのですが、本人はあまり気がついていませんでした。そこで、私が友達と話し合ってそのことを彼に教えてあげたのです。

すると、彼はとても怒りました。おそらく、女の子にそんなことを言われたのがショックだったのでしょう。私たちも、A君の気持ちを考えなかったのでよくなかったと思いました。

このように、ワキガというものは人間関係のトラブルまで招いてしまうことがあり、しかも簡単に相手に対して教えてあげられないという厄介なものなのです。やっぱり、本人が自分のワキガを自分で自覚して対策を行うしかありません。他人はやはり言いにくいですから、家族などが言ってあげた方が本人も傷つかずにすむのではないでしょうか?私も、ワキガのことを相手に教えてあげることで被害に遭ったので、これからは気をつけようと思っています。

子どものわきが対策は家族の責任

3月 22nd, 2015

“思春期から更年期までに多いわきがですが、昨今は低年齢化している傾向があります。子ども同士は遠慮なく残酷に「臭い」と指摘しますから、言われた子どもはひどく傷つくかもしれません。
ワキガかどうかはアポクリン腺が有無によります。従って脇の皮膚下にあるアポクリン腺を手術で切除すれば、臭いは元から絶つことも可能なのです。
ただ、わきがは、親からの遺伝が多く、ねばねばする耳垢の子どもに多いですし、洗濯した衣類の脇部分に黄色いシミができていますから、親は気づくはずです。
思春期にはいると、指摘さずとも脇毛に白い粉が付着していることに気づくかもしれないです。いずれにしても手術をしないなら、臭い対策は親の責任です。
ツンと鼻を刺すような異臭は、本人は自分の臭いには慣れているので気づかない場合も多いですが、周囲に不快感を与えるからです。
制汗剤を外出前、外出中、スポーツの後などにつけたり、お風呂に入って体を洗うときに殺菌効果のある薬用石鹸でゴシゴシ脇の下を洗うなどすれば症状は軽減はされます。”

精力剤でエネルギッシュな毎日を!

1月 1st, 2014

少しでもエネルギッシュな毎日を送りたいと思っているのであれば精力剤を活用するのが良いのかも知れないですね。自分の精神力だけではどうにもならない事もあるがありますので精力剤などを使って栄養を補充することが大切なのではないかと思います。

例えば薬局で売っている精力剤でも構いません。まずは安いものでも良いですので実際に自分で試してみることが重要なのです。そうでもしないと本当に効果があるのかどうかは分かりません。ここが非常に重要なポイントだと言えるのではないでしょうか?自分で使ってみない事には本当に素晴らしいものなのかどうかは判断することが出来ないものなのです。

精力剤と言っても色んな種類のものが販売されていますから、その中から本当に効果があるものを見極めなければいけません。その為には精力剤を比較するサイトなどを参考にして自分に合うものを探さないといけないでしょう。

結構な手間はかかってしまうかも知れないですが、実際に自分に合う精力剤を見つけた時の喜びはひとしおですよ!

おすすめの精力剤をチェックしてもらえると嬉しいですね!

http://readingmusicacademy.com/effective-aphrodisiacs-energy.html