合法ハーブで天国に行けるのかどうか考えてみる

1月 17th, 2015

ある時、噴火が起こった。
噴火と一緒に合法ハーブが空から飛んできて、みんながみんなハイになってしまった。男は下半身裸で走り回り。
女は股を広げて男を誘っている。
普通に考えたら天国にいちばん近い世界かもしれないが、僕には今のこの現状が地獄にすら思える。
あんな平凡で普通すぎる生活が今はいとおしく思える。
あこがれていた女の人も、今では交差点でお尻をふって、
来る男来る男、見境なしにパンパンパン…
初めて目の辺りにしたときは、興奮してしまい、この僕の股間も膨張した。
合法ハーブさえ空から降ってこなければと何度も思った。
心から合法ハーブを憎んでいる。
そんな僕も興奮を抑えられない日がある。
合法ハーブを憎んでいるのに、この抑えられない欲求。
ポコチンが反り返り、今でも袋に溜まった液体をぶちまけたいのだ。
これが合法ハーブの力なのか…
僕には対抗する力は何にもないのかと思いながらも、
そのへんで股を広げる女に竿を突っ込む。
気が狂うほど腰を振りまくり、そのまま溜まった液体を噴出す。
こんな世界にもういたくない。合法ハーブはもう嫌だ。
そう思った瞬間に目がさめた。
きっと見てた夢が僕の本当の気持ちだろう。
その日から僕は合法ハーブをやることをやめたんだ。

合法ハーブのやり過ぎで・・・

1月 17th, 2015

9年付き合った彼に合法ハーブのやりすぎが原因で振られました。
もちろん向こうに好きな人ができた事、将来を考えての事、お互いの事を考えてって事もありますが、
間違いなく合法ハーブです。
私は納得できず、気持ちの整理がつきませんでした。
合法ハーブをやめるからって何度もすがりました。
彼は私のことは人間的に大好きで親友としてずっと一緒にいたい。でも彼女だといつか別れがくる。
それに合法ハーブは…。今までもこれからも必要だと言ってくれました。
でもそれもまだ受け入れられない。そんな気持ちの時だからこそ合法ハーブをやって、
私が一番欲しかった物と一番大切なものに気づきました。
誰のためでもない自分の為の自信と、合法ハーブへの失望感でした。
涙が止まりませんでした。煙も止まりませんでした。
彼に自分の存在価値を見出してたんだなーって
そして、思いやりをくれる家族や友達がいる事が当たり前で感謝できてない自分がいることに。
自分のために自分磨きをがんばろう!って自分をもっと好きになろう!って、
自分はとても素敵だと思えるようになろう!って、そしていつか彼を恋愛的好きでなく、
もっと広く深く、人間的に大切と思える自分になろうって、
そのときに素敵な恋愛が出来て、この道でよかったって思えるように頑張ろう!って思えました!
そのときにはもう合法ハーブを卒業してなきゃと思ってます。

我を忘れるほどに…

1月 17th, 2015

そりゃーもう。ボロボロになりましたわね。
若さゆえですが、電話口で号泣しながらやり直したいといったこともありました。向こうはドン引いてたけどね。
合法ハーブで我を忘れたこともあります。
別れた女を忘れるために、風俗にいったことがありましたね。
でも、風俗嬢とエッチしているときに「俺の抱きたい女はこれとは違う」と感じてしまって
おちんちんがしなびちゃったこともあります。
適当にナンパしたこと一緒に合法ハーブで気持ちよくなっても、
次の日には思い出して悲しくなったりしましたよ。
でも合法ハーブで楽になるのは確かでした。あれをやってると、
その間だけは彼女のことを思い出さなくてすんだし、
合法ハーブの煙のお陰で根拠のない力がみなぎってきて、
そのうち復縁できるんじゃないかとすら思えたからです。
良いことばかりではないかもしれないですが、
人によっては合法ハーブは効果はあるものだと思いますよ。
少なくてもお酒を飲みまくって暴れるよりもマシなのは事実。
辛い経験は誰にでもあります。
なんでもうまくいったら面白くないでしょ?
そういう辛い経験を積み上げるからこそ、その時に
一緒にいる人を大事にできる人間になるのだと思います。
それでも失恋は辛いですよね。失恋のダメージを最小限にするには、
予備をもっておくことに限るなと思います。
それに適度に合法ハーブ。
勧めるわけではないですが、気分転換になりますよ。
この子がダメでもあの子がいるさと思えばダメージは最小限で済みます。いや合法ハーブも本当の話です。

悪友との夜に・・・

1月 17th, 2015

地元でみんなで合法ハーブやろうぜってことである池に行った。
そこは十年近く前は舗装も何もされていない池で、落ちちゃう子供も多くてね。
でも誰もいないから合法ハーブやるには最適。
池について、さっそく合法ハーブやって盛り上がってね。
そしたら、友人Tが急に変なことを言い出したんだよ。
「あれ、あそこ誰か立ってへん?」って池を指差した。
みんな騒然となって、注視したんだけど何もない。
ちょっと合法ハーブの量が多かったのかと思ったんだけど、面白くて
「あ、ほんまや。何か白いのいるなぁ」って相槌を打ったんだよ。
そしたらTが首を振って、「違う違う、お前の言ってる奴じゃない」とか言うんだ。
全くわけわかんないから曖昧に頷いたんだけど、Tが俺にそっと耳打ちする。
「いや、お前は見えてるはずやからちゃんと見てくれ。
あそこ、人立ってんねん。男か女かわからへんねんけどな」
言われて、よくよく見ても、やっぱり見えない。
Tは俺の反応に落胆したのか、
「見えないなら見えないままの方がいいなぁ、ここあんま良くないし今日は合法ハーブしまいにしようや」
そう言って、その場は帰ることにした。
自転車を漕ぎながらTと喋ってたら、
「いや、お前にはそういうの見えてるはずなんだけど、見えていないことにしてんのかなぁ」ってしみじみ言われてね。
「よせよ、冗談ちゃうわ。幽霊見えても怖いだけやん」って軽口で返しながらも、内心ちょっと怖くなってた。
「あの辺何かあったん?」ってTが聞くから、「確かに昔は池にはまったりとか事故多かったよ」って俺は返した。
Tは首をかしげ、「そういうのとは違ったんだよなぁ」ってしきりに不思議がってたよ。
みんなと別れて家に帰っても、Tの言葉が頭から離れない。
合法ハーブでうっかり忘れていたけれど、じつは
思い当たる節が少しあったからね。
池でTが見たものは結局何だったかわからずじまいだった。
何が怖かったって言うのは、その三日後くらいに、池から変死体が上がったんだよ。
そのことをTに言ったら、「なるほどなぁ」って納得してた。

合法ハーブと刺激

6月 19th, 2014

これからの時代は詐欺師がたくさん増えてくるだろう。トラブルを避けるためには詐欺事件などをに関心を寄せて知識を取り入れ騙されないように注意しなければいけない。そして冷静な判断ができるような状態を常に作っておく必要があるだろう。人は忙しくなるとどうでもよくなり判断を適当にしてしまうことがある。刺激が欲しいからといって合法ハーブを吸引するなんていう間違った判断は絶対にしないで欲しい。ちょっとでもそんな事してしまうと合法ハーブの中毒になってしまい、やがてそれがなければ、いてもたってもいられなくなってしまうだろう。そんなことになってしまったら悪い人間の思うツボになってしまいお金をむしりとられてしまうだろう。そういう人間たちはいろんなネットワークで繋がっているのでありとあらゆる悪い人間たちがうじゃうじゃ近寄ってきてだまそうとしてくる。どうせなら絞り取られる人間にはになるよりも絞り取る人間になってほしい。そうなるためにはたくさん本を読んで勉強しなければいけないし、家にばかり引きこもっていないでたくさんの経験を積み重ねなければいけないだろう。弱い人間は愚かな人間や馬鹿な人間はお金をむしりとられてしまう存在になってしまうのだ。そうならないためにも、日々精進しなければいけないだろう。

合法ハーブ中毒になってからでは遅い!

6月 19th, 2014

いちど詐欺などにあってしまうと、いろんな人間からターゲットにされてしまう。詐欺被害に遭った人間というのは個人情報が詐欺をしてる人間同士で売買されたりしているのだ。詐欺の被害に遭うような人間は馬鹿な人間だからそんな人間からはお金をとことん絞りとってやろうと考えてるのである。悪い人間は手を変え品を変え、いろんな方法でいろんなものを売りつけてくるだろう。精神的にストレスを感じている人間に近寄って合法ハーブなどを勧める人間もいる。そのような悪い人間の口車に乗ってはいけない。大抵はその様な人間はこれはとても体に安全なもので、多くの人に愛用されているものだなどとうまいことを話して勧めてくるだろう。悪い人間の言っていることは全て嘘だと思った方がいいだろう。合法ハーブを知らずにそれらを吸引してしまい気づいた頃にはもうを合法ハーブ中毒になっていたとしたら遅いのだ。合法ハーブを吸わずには居られない体になってしまったら悪い人間からリピート購入せざるを得なくなってしまう。そうなってしまうと悪い人間の思うツボだ。そうはならないように油断しないように生活していなければいけない。いつ誰が心の隙を狙って攻め込んでくるかわからないからだ。

自分の両親が認知症になってしまったらとても苦労してしまうだろう。

6月 19th, 2014

認知症を患った人間は何をしでかすかわからないのだ。ひどい人間だと自分のうんこを壁に投げつけるような人もいるらしい。もし自分の両親がそんなことをし始めたらたまったもんじゃないだろう。高齢者の中には合法ハーブにはまる悲しい人たちもいるのだ。そんなことをしたらより認知症になる確率を高めてしまうだろう。悪い人間はお金を持っていて、その使い道に困っている高齢者を狙って罠を仕掛けているのである。年齢を重ねるにつれて孤独になっていく高齢者はやさしくしてくれる人間に心を許してしまう。そういうところ悪い人間は狙って攻撃していくのである。自分の両親が高齢者であるのなら注意する必要があるだろう。いつ誰に狙われているかわからないからだ。合法ハーブの売人に狙われしまったらうまい話に乗せられて合法ハーブ中毒にされてしまうかもしれない。それをきっかけに覚せい剤なども使用するのようになって、体がボロボロになってしまう危険性もある。そういうことを防ぐためには、両親と一緒に生活するかマメに連絡をとって現場を確認するしかないだろう。悪い人間はいつどのような形で自分の家族や親戚などに被害を及ぼすのかわからない。

合法ハーブよりまずは深呼吸

6月 19th, 2014

嫌なことがあったり失敗をしてしまったりイライラが募ってしまった時は深呼吸をして気分転換をしよう。人はずっと集中して作業ができない生き物ということを忘れないでほしい。適度に息抜きをしないと体も疲れてしまうし精神的にも疲れてしまう。そんな当たり前のことをわかっていても、ついつい忘れてしまう人があまりにも多すぎる。そんな人が合法ハーブなんかを吸引してしまうのだろう。適度に息抜きができるのであればストレスを無駄に貯めることなどなくなるはずだ。ずっと作業ばかりしているのではなく、適度に短時間の運動を取り入れたりすることが必要だと思う。仕事もそっちの方が効率的に進められることができるだろう。ダラダラと長時間仕事し続けるのは、作業効率も悪くなるし精神的にもよくないし、体にも疲労を溜めやすくしてしまうのである。溜め込んでしまったストレスを合法ハーブなどで発散させようなんてことを考えてしまったら最悪だろう。そんなことをしても何もプラスになることなどはない。体はどんどん蝕まれていくし精神的にも、不安な状態になり、下手したらうつ病などにもつながってしまうかもしれない。うまくストレス発散できない人はヨガなどをはじめてしまうのもいいだろう。ヨガを通して正しい呼吸法を学べばストレスが溜まりにくい体になるのではないだろうか。

運転は非常に危険である事を認識する

6月 19th, 2014

得体の知れない物質が入っている合法ハーブを吸引すれば短時間は気分を良いものにしてくれるかもしれない。でもそんなものにずっと依存してしまったら確実に寿命縮めてしまうことになってしまうだろう。事故に会う確率も高なってしまうと思うし、歩行困難になって歩けなくなるというトラブルに見舞われることも少なくない。自分の人生はどう生きようが個人の勝手だが合法ハーブを吸引する人の悪いところは他人にも平気で迷惑をかけてしまうところだ。馬鹿な人間は他人に迷惑をかけるな。他人に迷惑をかけるぐらいならこの世から消えてしまえ。自分の人生はうまくいかなかったとしても、他人を不幸にしたり、暴力で怪我を負わせたらするのは最低の行為だ。合法ハーブを吸引して気持ちが高ぶったからといって、このような人としてクズとしか言えないような行為をする人間は本当に最低だと思う。とりあえず合法ハーブを吸引したら24時間は車を運転するな!そんな奴ら車を運転したらいつ意識を失うか分からないし、そんな奴が同じ路上走ってると考えるとぞっとしてしまう。自動車を作ってる会社は合法ハーブを吸引した人間が運転をできない様な装置を車に取り付けてほしい。薬物を使った人間は車を運転する事とても危険な行為である。

若者だけの問題ではない

6月 19th, 2014

合法ハーブを利用する人が若者だけだと思ったら大きな間違いだ。むしろ40代や50代の人間の方がこれらにはまることが多いのである。これはとても恐ろしいことだと思った方がいいだろう。自分の父親が知らぬ間に合法ハーブにはまってしまうなんてことも起こり得ないことではないのだ。悪い人間にそそのかされて合法ハーブと知らずにそれを吸引してしまっているのかもしれない。そんなことにならないようにするには、父親としっかり話をして合法ハーブの事を理解してもらうことが必要だろう。そういうことを普段からしていないと悪い人間に騙されていても気がつかなくて気づいたときにはもう手遅れになっていたなんてことになってしまう。そうならないためにも、普段からしっかりと両親とコミュニケーションをとって現状を把握しておく必要があるだろう。いつ何が起こるかわからないのだ。だから自分に事故やトラブルが起きないなどと思わないでいてほしい。今の世の中は何があってもおかしくない。合法ハーブを吸引した人間が車で爆走していてそれに巻き込まれてしまうかなんて誰にもわからないのだ。そういうことに巻き込まれてもすぐに対処できるように準備しておく必要があるだろう。手遅れになってからでは遅いのだ。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-200049-storytopic-11.html